無線工学A・必要な公式1(陸上無線技術士)

陸上無線技術士の無線工学Aにおいて、絶対必要な三角関数の
公式があります。

それは「倍角の公式」

変調・復調の分野で必要となります。
これを覚えておくと、解ける問題が確実に増えます。

また、「倍角の公式」は「加法定理」から導き出せます。

私は「加法定理」を覚え、必要なときに「倍角の公式」を
導き出すということをしています。
(つまり、倍角の公式は覚えていません)

点数アップのために効果ある公式なので、覚えるとお得です。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。